査定での注意点

ワインボトル

高額査定を目指すために気をつけること

お中元やお歳暮などでウイスキーをもらうことがありますが、お酒を飲まない人にとって無用の長物となってしまいます。ウイスキーの瓶は嵩張るうえ、置いておいても使い道がないなら、買取に出すのが賢明です。ウイスキーを買取に出すならお酒専門の買取店がおすすめで、年代物など価値のあるものは高く買取ってもらえます。また、高く売るためには気をつけるべきポイントがいくつかあるので、それを念頭に置いて買取に出すと良いでしょう。まずは、ウイスキーの瓶の埃や汚れ、指紋などを拭き取り、きれいな状態にすることです。ウイスキーに限らず、どんなものでも新品に近い状態の方が高い査定金額がつきます。汚れが目立ったリ、瓶が欠けていたりすると減額の対象となるので気を付けましょう。箱も残っていれば一緒に持ち込むのがベストです。そして、1つのお店ではなく複数のお店で査定してもらうことです。買取店はそれぞれの店によって査定基準が異なるため、同じウイスキーでも査定金額が違います。そのため、複数のお店で査定してもらい、最も高い査定金額の店に売るのが良いでしょう。1本ずつよりも、複数のお酒を持ち込む方がプラスアルファの査定をしてもらえるので、他にも売るお酒があるのなら一緒に持ち込むのがベターです。お店が最初に提示する金額はマックスの金額ではないため、端数を切り上げた金額にしてもらえるよう交渉するなど、少しでも高くなるように努力することも重要です。