ワイン

なぜ高額になるのかを検証

日本は今やドイツを抜いてイギリス、アメリカに次ぐウイスキー輸入量第3位の国になりました。これまでは一部のコレクターに愛されていたウイスキーが高値で買取されているのは、日本国内におけるウイスキー人気が高まってきたことが大きな要因と言えます。
女性

査定のポイント

ウイスキーをできるだけ高く買取ってもらうためには、新品に近い状態で買取に出すのがベストです。指紋や汚れは拭き取り、箱やケースがあればその中に入れて持ち込みましょう。そして、複数のお店で査定金額をだしてもらい、一番高い店で売ります。
ワイン

不用品を売却

ウイスキーはお酒専門買取店に持ち込むとその場で現金で買い取ってもらえるので便利です。また、宅配査定や出張査定を行っているお店もあるので、近所に店がない場合でも家にいながらウイスキーを売ることができるので便利です。
ワインボトル

査定での注意点

ウイスキーはお酒専門買取店で買取ってもらえますが、埃や汚れが付いたまま持ち込むと減額される恐れがあるので、きれいにしてから持ち込むようにしましょう。また、1つの店ではなく複数の店で査定してもらうのがベターです。
乾杯

必要ないならお店に売ろう

ウイスキーのコレクションは、お酒を買取ってくれるお店で手放すとかなりのお金になります。出張買取や宅配買取を利用すれば、わざわざウイスキーをお店まで持っていく必要がないため、移動中に瓶が割れてしまうようなトラブルもなく手放せます。

自宅に眠るお酒がお宝に

ワイン

未開封であればOK

近年、日本においてもお酒買取りがブームになっています。とりわけ人気が高いのがウイスキーだと言われています。国内には老舗ウイスキー製造会社が多くありますし、世界でも日本のウイスキーは評価が高いと言われています。若者のお酒離れが叫ばれて久しいですが、自宅の押入れに眠ったままのウイスキーはないでしょうか。あれば買取りに出すことで、思わぬ値段が付くことがあります。箱の汚れやラベルの剥がれは問題ありませんし、基本的には未開封であれば値段が付けられます。古いレアなウイスキーになれば、一本数十万で買取りをしてくれることがあります。大量持ち込みも歓迎ですし、無論、査定だけでも構いません。また、昨今はインターネットによる買取りにも応じてくれます。買取り業者のホームページには、おおよその買取り金額が掲載されています。参考になりますし、遠方に住んでいる方は利用すると良いのではないでしょうか。御中元や御歳暮でお酒を戴くケースがありますが、飲まずに放置しておくと宝の持ち腐れです。全国にはコレクターが多く存在しますし、価値のあるウイスキーを探して奔走しています。古ければ古いほど価値があるのが洋酒で、フランスやイギリスのお酒にも高い値段が付けられています。自分では価値がないと感じていても、専門の査定員が見ると高額な値段が付くことがあります。自己判断をせずに持ち込むことで、騙される確率も下がるはずです。正しい価値観を持って、お酒のマイスターを目指して下さい。